デパス

副作用の少ない抗不安薬

デパスは抗不安薬(精神安定剤)としては代表的な薬で、主成分はエチゾラムです。

 

 

チエノジアゼピン系の精神安定剤(マイナートランキライザー)で比較的副作用が軽いということもあり、心療内科などにかかった時には最初に処方されることの多い薬です。

 

 

主な効果として「精神的な不安や緊張を和らげる」といったものや、「筋肉の緊張を和らげる」といったものがあり、不安神経症やうつ病、ストレスからくるイライラなどを改善します。

 

 

この効果は脳内のチエノジアゼピン受容体(BZD受容体)にエチゾラムが結合することで中枢神経の緊張を抑えてリラックスさせることによってもたらされます。

 

 

デパスは心療内科だけで処方される薬ではありません。

 

 

整形外科などでもよく処方されます。

 

 

これは、筋肉の緊張やこわばりを和らげる働きがあるためで、肩こりや頚椎症、痙攣性の病気などにも処方されることがあります。

 

 

このように、用途が非常に広いのもこの薬の特徴です。

 

 

さらに、デパスには血圧を下げる働きもあります。

 

 

精神的に不安定な人はストレスがかかると心臓がドキドキしたり血圧が上昇して具合が悪くなったりしますが、そういったときに服用することで精神的な不安を取り除いて、心拍や血圧の上昇を抑えてくれます。

 

 

このように、心身の緊張をリラックスさせる効果に優れていることから、睡眠導入剤の代わりとしても用いられることがあります。

 

デパス(Depas)人気の精神安定剤

ストレスなどで心身が緊張しているときに服用すると精神的にも肉体的にも安らぐことができるため、人によっては睡眠導入剤よりも効果を感じる場合もあります。

 

 

初診で処方されることが多いのは冒頭でも触れたように副作用が少ないということが理由です。

 

 

抗鬱剤は副作用のあるものが多く、医師としてもはじめから強いものを処方することを避けたいので、効果が万能で副作用が少ないこの薬を処方することが多いのです。

 

 

とはいっても、デパスにも軽微ながら副作用はあります。

 

 

筋弛緩効果が強く出過ぎるとふらふらしたり、脱力して倦怠感を感じたりすることがあります。

 

 

また、呼吸器感の働きが弱くなることで息苦しく感じたり、頭が重く感じたりすることもあります。

 

 

血圧を下げる効果があるので、低血圧の人が服用することで血圧が下がり過ぎてめまいを起こしたりすることもあります。

 

 

重症筋無力症や緑内障の人は服用することはできません。依存性に関してですが、これも抗不安薬としては珍しくあまり強くはありません。

 

 

多くの抗不安薬では長期間服用を続けていると薬をやめたときに反動が出て精神的な興奮を起こすことがありますが、デパスではほとんどありません。

 

 

こういった面でも医師が処方しやすい薬だということができるでしょう。

 

デパスとは

デパスは抗不安薬の中でも比較的メジャーな存在です。

 

 

はじめて心療内科で診察を受けた時などに、とりあえずこのお薬が処方されるということもよくあります。

 

 

これは他の抗不安薬に比べて副作用が少なく、依存性も低いからです。

 

 

抗不安薬にはいくつかの系統がありますが、デパスはチエノジアゼピン系に属するお薬です。

 

 

チエノジアゼピンは中枢神経に存在するアミノ酸の一種のGABA受容体の働きを活発にする作用があります。

 

 

GABA受容体には神経伝達物質の流れを抑制するはたらきがあるため、お薬の影響でGABA受容体の働きが増強されれば、脳を興奮させる作用を持つ神経伝達物質の流れを阻害して興奮状態を取り除き、精神の安定をもたらすというわけです。

 

 

チエノジアゼピン系とよく似た抗不安薬としてベンゾジアゼピン系のものがあります。

 

 

代表的なものとしてはソラナックスやメイラックス、ワイパックスなどがあります。

 

 

チエノジアゼピン系のお薬はベンゾジアゼピン系のお薬の一部の成分を別の成分に置き換えたものなので、GABA受容体の働きを活発にすることで精神的な安定をもたらすという作用は同じです。

 

 

こういったことからチエノジアゼピン系はベンゾジアゼピン系の一つの種類として分類されることもあります。

 

 

しかし、チエノジアゼピン系のお薬のほうが効果の出方が穏やかで作用持続時間も短く、副作用も少ないため、多くの人が安心して服用できるという特徴を持っています。

 

エチゾラムという有効成分が緊張感を和らげます。

こういった性質から、精神的に落ち着きがなくなった時や不安な気持ちから不眠症になってしまった時などに処方されるスタンダードなお薬となっています。

 

 

医者の立場からしても、副作用や離脱症状が少ないことから安心して処方できる薬なのです。

 

 

デパスが使われるのは心療内科だけではありません。

 

 

実は整形外科でもよく処方されるお薬として知られています。

 

 

これは、有効成分であるエチゾラムが精神的な緊張だけでなく、肉体的な緊張もやわらげる働きを持っているからです。

 

 

ですから、筋肉の緊張によって引き起こされる肩こりや腰痛、頚椎症、緊張型頭痛といった症状の緩和にも効果的なのです。

 

 

このように、非常に多くの症状の改善に効果のあるデパスは非常に人気があるため、デゾラムやエチカーム、エチラームといったたくさんの種類のジェネリックが各社から販売されています。

 

 

ただし、ジェネリックであっても日本国内で購入するためには医師の診察を受けた上で処方箋を出してもらう必要があります。

 

 

一般の薬局やドラッグストアなどでは購入することはできません。

 

 

毎回医師の診察を受けるのは面倒だし、診察料が勿体無いという人は個人輸入代行を利用して手に入れるという方法もあります。

 

 

海外では処方箋なしで購入できる地域もあり、ジェネリックならば値段的にも非常に安く購入することが可能です。

 

 

興味のある方はネットで検索してみればたくさん情報が見つかります。

 

デパスをうまく使用することで得られる心身の健康

最近の世の中はストレスが多い社会だと言われています。

 

 

老若男女問わず、勉学や仕事、地域といったあらゆる場所で一生懸命取り組んでいる人が多く、そのために心身がちょっと疲れてダウンしてしまうという人も少なくないのです。

 

 

体の疲れが心の不調をもたらす場合もあれば、心の疲れが体の不調をもたらす場合もありますね。

 

 

そのような時には、医者に診てもらってデパスを処方されることもあるのではないでしょうか。

 

 

デパスはエチゾラムという抗不安薬の商品名です。

 

 

時には睡眠導入剤として処方されることもあり、気持ちを落ち着かせて緩やかに作用します。

 

 

心の不調によって不安感が増して辛かったり、緊張感が強まって苦しかったりするような状態をちょっと和らげてくれる薬効があるのです。

 

 

これらの作用は、心身の不調による抑うつ状態にも効果が期待できるので、抗うつ剤としても活用されています。

 

 

ですから、このような辛く苦しい状態が原因と見られる胃腸の不快感や動悸、血圧異常等は、デパスを服用することによって改善される場合もありますね。

 

 

また、心身面の過度な緊張を取り払う効果が期待できるため緊張した筋肉の凝りをリラックスさせる効果もあり、肩こりも軽減することがあるのです。

 

 

0.5mgを一日三回服用することが基本になります。

 

デパス錠の注意点

穏やかな薬効で、飲むことで不調の辛さも軽減されるのではないでしょうか。

 

 

ただし、長期に亘って服用する場合は、ちょっとした注意点があります。

 

 

まず、個人の判断で勝手に服用を止めたり、回数や量を勝手に減らさないことが大切です。

 

 

必ず医者と相談して、徐々に様子を見ながら減らしていくことが重要なのです。

 

 

何故ならば、服用の状態に慣れた体にとっては急激な摂取量減少は、かえって負担になるからです。

 

 

つまり、今まで飲めば改善されていた不安感や不調さがぶり返してしまう可能性もあります。

 

 

必ず医師と連絡を取り合いながら、様子を見て少しずつデパスを減らすことが大切ですね。

 

 

医師の処方のもとでなら、一段と安心してデパスをうまく使用することができるのではないでしょうか。

 

 

日々のストレスによって表面化した心身面の不調は、薬を上手に活用することによって早めに軽減・改善されるものです。

 

 

億劫だと思わず、早めに受診してみるのはいかがでしょうか。

 

 

心と体は密接に繋がっています。

 

 

勉学に仕事に地域活動に頑張る中で、ちょっと疲れてしまったなと心身面にいつもと違う不調を感じたら、思いきって医者の処方を受けると良いですね。